水泳の飛び込み原則禁止@東京都教育委員会

東京都教委は11月24日、都立学校の水泳の授業などでスタートを指導する場合は、事故防止のために飛び込みを原則禁止し、水中からのスタートとする方針を決めた。他の自治体でも同様の動きがあるほか、文科省も対応を検討している。
今年7月14日に、都立墨田工業高校の水泳の授業で、保健体育の教諭が約1メートルの高さに掲げたデッキブラシを越えて飛び込むよう指示。飛び込みスタートをした3年男子生徒が、プールの底に頭部を強打して首を骨折した事故が起きた。水深は1.1メートルだった。都教委では、この事故を受けて、事故防止の徹底を通知するとともに、学識経験者や学校関係者などから意見を聞き、スタートの取り扱いを検討してきた。
同方針では、▽都立学校の体育の水泳授業や水泳大会などの学校行事で「スタート」を指導する場合は、事故防止の観点から、平成29年度以降は、原則として水中からの「スタート」とする▽自校のプールの構造に留意し、水深の確認や十分な水量の確保など、学習環境の整備を確実に行う▽安全を最優先し、3年間を見通した系統的な水泳の指導計画を保健体育科全教員で作成し、授業実施に当たっては、共通理解の下で、保健体育科としての組織的な指導を進める▽プールを使用した学校行事の集団演技などを行う場合は、生徒が危険な行為を行ないように安全確保について全教職員の共通理解の下、指導の徹底を図る▽水泳部で飛び込みによるスタート練習が必要な場合は、必ず顧問教諭か部活動の指導業務を委嘱した外部指導員の指導の下で、段階的な指導を行う。その際、初心者だけでなく一定の技能を身に付けている生徒についても事故の可能性に留意し、安全に入水する姿勢と水中動作などについて生徒が十分に理解できるよう指導する――としている。
長野県でも昨年7月、プールへの飛び込みが原因で生徒が首を骨折し、半身不随の後遺症を伴う事故が発生。県教委は飛び込み指導を禁止した。岐阜県多治見市でも市立中学校で同様の事故が起こり、指導の周知徹底を図っている。
現行の小・中学校学習指導要領および同解説では「水中からのスタート」と明記されており、飛び込みは禁止されている。一方、高校では、飛び込みは水泳技能の1つとして位置付けられている。生徒にとってプールへの飛び込みは、高校で初めて行うので、「段階的な指導を行うとともに安全を十分に確保する」とされている。
文科省は、プールでのこうした事故を受けて、高校の次期学習指導要領に関連して「水中からのスタート」を盛り込むかどうか検討している。今後、都道府県教委から状況を聞いて判断するとしている。さらに来年度には、プールへの飛び込みについて安全管理を徹底するよう通知を発出する見込み。

______________________________________________________________________

 

教育とう環境のいろいろな事を1から再検討をしなければならない気がします。水泳よりも前に、禁止対応になってきた、運動会や体育大会・体育祭の組体操は禁止、または、条件制限をつけたものになっているのも、授業内でのケガが多発している事が影響であるなら、この水泳もその考えに合わせて考えると禁止になるのかなと思う。なぜ組体操は、禁止の方針居なのに、騎馬戦は大丈夫なのか?騎馬戦だけではなく、体育の授業で必ずある、器械体操などの跳び箱などをつかったものも危険となるのではないか?という、あれがダメならこれも同じようにダメでしょう?という物議が起きてしまうのではないだろうか?こういった中で、なんでもかんでも禁止になってしまうと、何を教えるのだ?という様々な縛りに、現場教師は苦しんでしまう事にもつながると思う。実際に、組体操に変わりになる競技は一体何をやったらいいのだろうか?という現場職員の議論は凄かったと聞いている。あれこれと現代の教育を考える中で、学習支援を取り組む様に、こういった小学校の体育の授業に、体育の講師を派遣する体制を行うところもあるので、その街々の教育の考えやあり方の違いという差が既に出ている事を注目して行って欲しい。同じ街の中の公立学校でも、PTAや学校長の手腕により授業の質の格差が出ていることに無関心ではいられないと思う。

急な補助職員などの増員対応が出来ないのであれば、体育授業に置いては、水泳授業に問わずに、どんな事でも安全管理の徹底と意識を常にもった授業に挑む事は、教師としては当然の事を忘れずにやって行って欲しいと保護者は願いばかりだと思う。誰かが亡くなった場所での授業・学校生活はいろいろな影響が出てしまう事なので十分に気を付けて行って欲しいと思う。