読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの通学路の安全確保を!@文科省・国交省・警察庁

集団登校中の児童の列に車が突っ込む事故が相次いでいることを受け、文部科学省国土交通省、警察庁は28日、通学路の安全確保に関する通知を、道路を管理する都道府県や各教育委員会などに出した。関係機関が連携し、ボランティアによる見守りや歩道の整備などの対策の速やかな実施を求めた

平成24年に京都府亀岡市で起きた同様の事故後、文科省などは全国約2万校の通学路約8万カ所を緊急合同点検。「大型車の交通量が多い」「見通しの悪い交差点がある」など危険箇所が約7万5千カ所で見つかった。全国の公立小学校の通学路のうち、歩道と車道が分かれていないなど安全対策が必要な危険箇所が、今年3月末時点で計5552か所に上ることが28日、文部科学省などの調査でわかった。通知では、安全確保に時間がかかる所では、見守りなどの応急的対策も検討対応するよう要請した。文科省の担当者は「緊急点検後に交通環境が変化した場所もあると考えられる。必要に応じ警察や道路管理者と点検し、安全確保を徹底してほしい」と話している。登校中の事故では今年10月28日、横浜市で軽トラックが児童の列に突っ込み、小学1年の児童が死亡、6人が重軽傷。今月2日には千葉県八街市でトラックが児童の列に突っ込み、4人が重軽傷を負った

_______________________________________

児童の列に車が突っ込みという痛烈な事故が起きてしまっているが、やはりそこには、ガードレールが無い場合がほとんどで、また朝や夕方の登下校時にスクールゾーンなどの対策が無い場合が多い。中には、交通環境の変化で、幹線道路の渋滞を避けるために、子どもたちの通学路が、渋滞回避の裏道となってしまっている場合もあるのが現状である。また、学校やPTAでの対策として、校外対策委員などの組織で昔から行われている交差点などでの横断歩道などでの旗振りや集団登校時に引率するなどの対策は取られてはいるが、実際は、共働きなどの家庭環境変化で、毎日の実施は厳しいものとなっているのが現状のようだ。学校側も人為の都合上、当番制で職員の通学路の巡回を行っていたりもするそうだが、優先しているのが学校敷地内なので校外への動きを起こせない現状もあったりもする。また、少子化や越境通学や学童児の増加などの学校環境の変化により、集団登下校を廃止している学校であっても登下校時の安全対策の見直しなどをしっかりと行って欲しい。

現実的な解決方法としては、やはり周辺の自治体・地域へ協力要請をし子どもの登下校時に見守りをする事が早い対策に繋がると思う。朝夕の短時間でも通学路に見守りが一人でも多く立つ事で、その道を通る自動車ドライバーへの注意喚起や意識向上に繋がると思います。朝や夕方に、敢えて家の周りの掃除にでたり、ペットの散歩に出るなど些細な事の工夫意識で、何かのついでであるなら面倒な意識も無い上に、交通安全や防犯対策に一役買う事が出来きるのは簡単でおすすめだと思います。