読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あだ名で呼ぶ事のリスク意識(新潟市いじめ問題)@新潟市教育委員会

 

東京電力福島第1原発事故で福島県から新潟市に家族と自主避難している小学4年の男子児童がクラス内でいじめを受け、担任の40代男性教諭からも名前に「菌」を付けて呼ばれ、1週間以上も学校を休んでいることが2日、分かった。 同市教育委員会によると、男児は11月22日、担任から連絡ノートを手渡される際、「はい、○○菌さん」と声を掛けられたという。同日、男児の保護者が学校に電話し「もう学校に行けない。担任とも会いたくない」と児童が話したと相談。児童は祝日の23日をはさみ、24日から欠席を続けている。児童は17日、同級生からドッジボールを投げつけられたり、近くを通るなというそぶりをされるいじめを受けたりしていると、担任に相談。6月にも「黴菌(ばいきん)扱いをされて嫌だ」と担任に相談していた。学校や同市教委の聞き取りに担任は、11月中旬から「○○菌」と発言していたことを認めた。「黴菌のつもりで言ったわけではない。響きの良さから安易に使った」と釈明。「本人や両親に謝罪したい」と反省しているという。いじめの相談を6月に受けた際、学校に報告していなかった。男児が、複数の同級生から「○○菌」と言われていたことも確認された。会見した同市教委の高島徹教育次長は「児童が学級内のいじめや、担任の不適切な発言で登校できなくなった事態を重く受け止めている。深くおわびする」と謝罪した。11月には横浜市自主避難した中学生が同様のいじめを受けたことが発覚しているが、新潟市教委は「震災に特化した形でのいじめだとは認識していない」と関連を否定した。男児が通う小学校の校長は取材に応じ「担任の不用意な発言で児童がいじめに苦しむ事態となった。申し訳ない」と謝罪した。

____________________________________________________________________

こういったニュース記事になると事件の中での発言の言い回しがよくわかるが、発言上では意味は違うけれども発音は同じという、教育者であれば、言葉の使い方に関しては心得ているはずなので、流行していたからと担任教諭がクラス内の子どもと同じ事をしてしまうのは子どもと仲良くする事にはならない。ましてや、いじめの相談上で「〇〇菌」という黴菌扱いで言われていると訴えているのに、某ユーチューバーの〇〇キンのように友達の名前をいじって〇〇キンとあだ名で呼ぶ事を混在してしまったという軽率な行為である。担任教諭は、〇〇キンを“ちゃん”や“君”の代わりの様な意味で使ってしまったと思うが、今回被害を受けた、聞いた側児童は、先生から〇〇菌という同じ発音であったから、相談をしていた経緯があった事も含め担任教諭の悪意を感じたのだと思う。恐らく、愛称のつもりという言い訳は、苦肉の策かなと捉えられる上、馬鹿にしていると感じた。

このような、担任教諭の子どもの呼び名については、表立ってはいないが学校苦情の中に常にある事柄であったり、あだ名がいじめを引き起こす場合もある事から、最近では全ての学校職員は児童を呼ぶ際は、必ず名前で呼び、あだ名等では一切呼ばない事と一貫指導がある学校が増えている中で、この問題は、担任教諭を始めこの学校自体の意識の低さであると思う。親しき仲にも礼儀ありという言葉は大事である。

今回の記者会見や学校長への取材上で出ている言葉で、担任や学校長が「本人や両親に謝罪したい」と反省を述べているようだが、未だにきちんとした謝罪をしていない事が一番驚いてしまった。まだ不登校カウントになる30日には満たしていないので、欠席となっているようだが、学校が原因で学校拒否を起こしているのであれば、ニュース取材に応じる暇があるのであれば、早急に謝罪へ伺えと思う。。社会への謝罪が優先というのはおかしな話であると思う。今まで、散々嫌な思いを背負いながらも、不登校にならずに登校をし頑張って来た彼は本当に凄いと思う。