町長が児童と給食ランチミーティング@神奈川県愛甲郡愛川町

町長と小学生のランチミーティング/愛川町ホームページ

小野澤豊町長と町内小学校の児童が給食を食べながら懇談する「ランチミーティング」が町内6小学校で開催された。これは、町長が各学校に出向き、6年生児童と給食を食べながら交流するもの。昨年度初めて田代小学校で開催されたが、今年度は6月から11月にかけて町内の全町学校で実施した。11月17日に田代小学校で行われた懇談会では、子どもたちが自分たちの将来の夢や、普段の生活から見た愛川町について町長と語り合った。また、児童からは「校庭にバスケットボールのゴールがほしい」「愛川町に電車を通してほしい」などの要望や「未来の愛川町をどんな町にしたいですか?」などの質問もあがり、和気あいあいとした雰囲気の中、町について考えていることや日頃の生活について話し合い、さまざまな子ども達からの意見を聞くことが出来たそうです。町では、子育てや教育を重点施策として取り組んでいます。今後も子供たちが健やかに成長できるまちづくりを進めて行きたいと話しているそうです。

_______________________________________

神奈川県にある愛川町の町長が、学校に出向き学校給食を食べながら懇談を町内の全学校に出向き行ったそうです。町長自ら子どもたちの場所へ出向くというのは、子ども達にとっても驚きであり嬉しさでもあるのではないだろうか?特に、学校側や教育委員会側からしても、町長が学校という現場に出向く事の緊張感があるので、きちんとやっておかないと厳しい意見を受ける事にもなるので、日ごろからの努力を怠らないで学校運営を心掛ける様になると思うので、とてもいい取り組みであると評価をしたい。やはり、どんな場合もトップ自ら現場に赴くという事は、町民に対してもきちんと町に目を向けている事の分かりやすい行動であるから、今後も年齢に負けずにフットワーク軽く取り組んで行って欲しいと思いました。