読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不祥事過去最多!防止マニュアル導入へ@宮城県教育委員会

相次ぐ教職員の不祥事を受け、宮城県教委は29日、本年度3度目の臨時校長会議を仙台市青葉区東京エレクトロンホール宮城で開いた。

高橋仁教育長は「非常事態を肝に銘じ、地に落ちた信頼を取り戻す行動が求められる」と呼び掛けた。県内の公立学校長ら約500人が出席。県教委の山本剛教職員課長が、全教職員を対象にした自己管理シートや個人面談などを柱とした不祥事防止マニュアルの導入を説明した。わいせつ行為や飲酒運転などで4月以降、懲戒処分となった県内公立学校の教職員は11人。うち5人が免職となり、過去5年で最多なっている。出席した高校長は「当事者意識を共有する必要がある」と強調した。一方、県教委が打ち出したマニュアルについて、中学校長は「不祥事を自己申告するとは思えない」と効果を疑問視し、小学校長も「結局は教職員の良心に頼るしかない」との見方を示した。

_______________________________________

宮城県で、教員の不祥事が過去最多!!宮城県教育委員会が、不祥事防止マニュアルを作った事で自己申告すると思えなくても、こういったマニュアルの有無だけでも抑止力になると思う。もし、申告していなかった教員が不祥事を起こした場合は、深刻な状況になるのは今更の話ではない。こういった、臨時校長会議を開いた事によって、今後問題が激減すれば、学校長の意識改変へに繋がっている証拠になるが、仮に事件・事故が起きてしまった場合は、県教育委員会がその該当職員と学校長に厳しい処分を行う姿勢で良いと思う。

学校長の職務が一番重責であるという対価として、高額な給与報酬をもらっているのだから、しっかりと対価以上の働きと責任持ち学校運営をして欲しい。高い給料貰ってる人に見合う行動をしているかを、保護者や通学している子ども達が厳しい判断を突き付けていいと思う。お金の話は下世話な話になってしまうが、そういう視点からも見る事が出来るという事もあるのです。

流行りの学校評価に、ややとかもう少しとかの5段階があるのは、学校の甘えである。有耶無耶にせず、白か黒の厳しいジャッジを突き付けられる内容でいいと思う。また、こういったアンケート調査に記名を要求している学校は、危険な学校であるという事を知って欲しい。学校評価と称してはいるが、学校が保護者個人の意見の聴取を行う手段であり、学校の為に繋がる評価ではないのだ。学校全体の向上の為にやっているのであれば、最初から無記名の文書を配布でも学校への評価を受け取る事が出来る。また、評価結果を公表しない場合もあるので、PTAなどからいつまでに公表をと要求をし、保護者にも結果の共有があれば、より学校環境の向上へ繋がって行くと思う。