読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪い例を吊るす小学校教諭を厳重注意@香川県高松市

mainichi.jp

高松市内の小学校で今年5月、教諭が悪いノートの書き方として児童1人のノートを黒板に掲示し、クラスの他の児童に問題点を指摘させていたことが7日、市教委への取材で分かった。児童はノートを取り戻した際、制止しようとした教諭ともみあって軽傷を負った。市教委は不適切な指導として教諭を口頭で厳重注意した。市教委によると、教諭は児童の宿題のノートを黒板に磁石で掲示し、複数のクラスメートに問題点を指摘させた。授業後は、ノートを取り戻した児童の体に手をかけ、児童の首付近にその手が当たってすり傷を負わせた。教諭は更に体をつかみ、手を離した際に児童は前のめりに転倒した。教諭は校長に当日報告し、児童宅を訪れて児童と保護者に謝罪。クラスの全児童にも翌日謝罪した。この児童はその後も登校を続けているという。 市教委の久保朗・学校教育課長は「悪い例を示す指導もあるが、子どもを特定できるようなやり方は不適切。『見せしめ』と取られても仕方なく、配慮が足りなかった」と説明している

【植松晃一】毎日新聞

______________________________________

どちらかというと、良い見本を掲示して、どの何がいいのかを教える事が子ども達には良い影響を与えると思うが、悪い例としてみんなの前で晒し更には、そのノートを使い何が悪いのかを指摘するのは、子どもによってはいじめという感覚になってしまったのではないか?今回、その後の影響がないとはいえ、必死で自分のノートを取り返した児童に対し、どんな理由であったのかは不明だが、教師とのやり取りで子どもにケガを負わせたのは、行き過ぎた行為であると思う。しかしながら、厳重注意をされたとはいえ、当日中に報告を管理職に正直に行い、学校長も謝罪に訪れるといった、学校側の管理責任意識は高かったと捉える事が出来るのは、評価できると思うが、きちんと考えたら分かる事をやるのは、この教師のレベルが低いというのは表立ってしまったと思う。きもちの良い学習環境がなんなのかを考えた授業をして行って欲しい。