避難いじめ実態調査へ県内全ての公立学校@山形県教育委員会

www.kahoku.co.jp

東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から自主避難した児童生徒へのいじめが横浜市などで明らかになった問題を受け、山形県教委は9日までに、県内全ての公立の小中学校、高校、特別支援学校計417校を対象にした実態把握調査に乗り出した。
 県教委によると、県内ではこれまで、東日本大震災での被災や避難に起因するいじめは報告されていない。今回は定期的に実施しているいじめ状況調査に、東日本大震災に関連するいじめについて尋ねる項目を追加した。
 各校は来年1月末までに、担任教諭らが児童生徒との個人面談などを通じて聞き取り調査を行い、認知件数や内容、解消に向けた取り組みを報告する山形県は震災後、岩手、宮城、福島3県などから多くの避難者を受け入れてきた。県内に避難した児童生徒は、2012年6月のピーク時で1271人に上った。今回の調査対象となる学校には今年4月1日現在、計820人が在籍している。県教委義務教育課の佐藤昌彦課長補佐は「調査を通じて、避難している児童生徒や保護者の声をより丁寧に聞いていきたい」と話す。

_____________________________________________________________________

もう全国的に原発避難者児童へのいじめはあると認識して、今後、現場職員や学校に対しては、新潟市のような教師の暴言が無いように、そして、原発避難など関係なく、児童の間のいじめの根絶へと細心の注意を指導通達を行った方がよいと思う。

また、被害に遭ったご家庭・児童はこの機会に学校や都道府県教育委員会・市区町村教育委員会文部科学省へと実態を訴えた方がいい。不登校になっていなく過去の事だとしても、小さな事だとしても、しっかりと現実を話した方がいい。

子ども間のいじめは、再燃する場合が多く再燃した時は前の時よりも陰湿になるので、保護者・学校も気が付きにくくなる。もう大丈夫という話ではないと言う事を、大人は理解をした方がいい。予防をするためには、些細な現実でもしっかりと児童・保護者・学校・教育委員会と過去の話しでも把握をしておくことが、不穏な空気を察知しやすくなる。いじめを行う側は、本当に感覚意識の低い状態で行っているので、自分のみしか考えていない軽いノリでしかないので、何が悪いのかを理解するのが難しい。恐らく同等の事を身をもってされなければ過ちに気が付けずにいるだろう。

いじめを撲滅したいのなら、休み時間などで子どものそばに居れば、どういう愛称で呼んでいるのか、不穏な言葉を発しているのかを直ぐに察知できる。死ね・殺す・差別・嫌い・ウザい・・と日常的に当然の様に発せられている言葉を、漫画やアニメ・映画やドラマなどで使われているのは、状況をよりセリフによって強調させたい意図があるから使われているだけだ。それを教育の中で、理解させるのは簡単な話であるのに、なぜか目先の教科書教育しかしないから、行って良い事悪い事を教える事が出来ない。保護者が、家庭の中で教える事が何よりも大事ではあるが、共働きであったりと、近年、子育て環境の変化により親子の会話が減少をしているので、どうしても本来家庭教育・躾の中で理解するべき事を学校が引き受けなければならない現状がある事で、学校現場の負担が増えている事に対しても、教育委員会文部科学省が整備してあげなければならない。学校に今必要な物は、学校教員の増員と今の時代にあった教育のやり方ではないだろうか?