学校内で隠れ喫煙の教諭、注意無視@大分県日田市立日隈小学校

www.nishinippon.co.jp

 大分県日田市立日隈小学校で、男性教諭3人が全面禁煙の学校敷地内で隠れてたばこを吸い続けていたことが16日分かった。教諭の1人は「以前は敷地外で吸っていたが、住民から苦情が来たので隠れて吸った」と説明。教育委員会は3人と藤野明校長の処分を検討している。日隈小などによると、教諭は40~50代。うち2人は2014年10月ごろから、1人は15年4月から校舎1階の機械室で吸っていた。普段は施錠されているが、鍵を持ち出し無断入室していた。外部からの指摘を受けて発覚。藤野校長は15年4月の着任直後から隠れ喫煙を把握し、3人に数回口頭で注意したが改善されなかった。取材に「もっと厳しく注意すべきで猛省している」と話した。健康増進法に基づき、市教委は05年度から市内全小中学校の敷地内を全面禁煙にしている。
この記事は2016年11月17日付で、内容は当時のものです。

隠れ喫煙児童にばれてた? 日田の小学校 教諭を呼びに機械室へ - 西日本新聞

大分県日田市立日隈小で、男性教諭3人が学校敷地内の機械室で隠れてたばこを吸っていた問題で、児童が教諭を呼ぶため、機械室を訪れていたことが13日分かった。機械室での喫煙が、児童間でも知られていたとみられる。同市教育委員会などによると、3月と4月の放課後、少なくとも児童2人が部活動の指導内容を確認するため、機械室を複数回訪れていた。教諭らは機械室から出て廊下で対応。教諭の1人は「訪問回数や人数ははっきりしない」と話しているという。市教委は2005年度から市内全小中学校の敷地内を全面禁煙。同市教委は「健康被害や精神面など子どもに変化があれば、適切に対応していきたい」としている。
=2016/12/14付 西日本新聞朝刊=

_______________________________________

こんな自分勝手な教師に何を教わりたいと思うのだろうか?管理職の監督不十分さも呆れる現状に、学校に対して、厳しい批判の声を保護者・PTAはあげるべきである。煙草に関しては、愛煙家もいれば、嫌煙家もいる事は百も承知であるが、全面禁煙指定の学校内で喫煙を行う行為は、社会のルールやマナーを逸脱しすぎる行為であると思う。確かに、愛煙家の教育者は近年の煙草悪の風評には辛い現実があると思うが、自分のいる場所が、子どもの為の学校施設であれば自分自分と身勝手な行為は許される事はない。隠れて喫煙した以上、見付からなければ・子どもが騒がなければという安易な考えに、保護者は大事な子供を預けたいと思うだろうか。また、もし火の不始末で学校で火災が起きてしまったらどう責任を取るのであろうか。そんな事は絶対にないと言い切れる話ではない事から、子どもを危険に曝したと過剰反応をしても構わない話であると思う。また、教育委員会が「健康被害・精神面での変化が」と言っているが、そんな生ぬるい事を言っているから、不祥事が起きてしまったと思う。今回の件を真摯に受け止め、保護者にしっかりと説明し謝罪をしなければならないと思う。