女児に強制わいせつ容疑、小学校教諭逮捕@愛知県

www.chunichi.co.jp

愛知県警豊橋署は30日、強制わいせつの疑いで、同県田原市立福江小学校教諭片上堅司容疑者(45)=同県豊橋市弥生町=を逮捕した。逮捕容疑では、2015年10月19日午後3時半ごろ、豊橋市内の市営住宅外階段の踊り場で、「蜂が付いているよ」と当時7歳の女児の体を後ろから触ったとされる。署によると「やっていません」と容疑を否認している。事件当日に女児の母親から110番があり、捜査していたところ、豊橋市内で今年8月、「蜂が付いている」と声を掛けて体を触る同様の事件があり、現場で目撃された逃走車両から片上容疑者が浮かんだ。容疑者宅はこの市営住宅ではなく、女児とは面識がなかった。江小によると、片上容疑者は校務主任を務め、昨年10月以降も通常通り出勤していた。田原市教委は事実確認を急ぎ、近く臨時校長会を開く。

______________________________________

警察の捜査の中でも行為に及ぶ、見付からなければという身勝手な行動。公務主任であれば、県内・地域の不審者情報などは耳にしていたはずだろうに、何を考えていたのだろうか?この地域は、巡回強化しているから避けておこうなどの画策でもしていたのかと想像も出来てしまい本当に呆れてしまう。また、一方で学校内で何もしていない保証も出来ないなと思うのも普通ではないだろうか。該当小学校の保護者に対しての対応は、半端なものでは済まされないのは学校長・教育委員会は覚悟をするべきである。またこういう事件により、学校そのもののイメージが悪くなるのは避けられないのは言うまでもなく、今後の小さな不穏すらも大きくなる事態になった事は、しっかりと管理職を筆頭に取り組んでいかなければならないと思う。