13歳未満の場合は利用しないで@YouTube利用規約

www.youtube.com

12. 本サービス条件を受諾する能力
お客様は、お客様が20歳以上の成人であること、又は法的に効力のある親若しくは後見人の同意を有すること、並びに本サービス条件に定める条項、条件、義務、確約、表明及び保証を締結し、本サービス条件に従い、これを遵守する完全な資格及び能力を有することを確認します。いずれの場合も、本サービスは13歳未満の子供による利用を意図していません。あなたが13歳未満の場合、YouTubeウェブサイトを利用しないで下さい。あなたに、より適しているサイトが他にも沢山あります。あなたにそのサイトが適しているか、ご両親に相談してください。
本サービス条件は、お客様が本サービスの利用に関する条件を理解することができるように提供されています。お客様は、YouTubeがお客様が本サービス条件を確認するために合理的な機会を提供していること、及び、本サービス条件に同意していることを確認します。

______________________________________

※上記は、youtube利用規約内の抜粋です。

最近では、セーフモードなどのフィルタリング機能などもあるので、保護者の責任下で動画視聴をするのは各ご家庭の判断責任になると思いますが、同じタイトルでもアダルト・暴力系の内容であったりもするので、一概に防げているかというと出来ていないというのが現状であると思います。同じ動画をみても大丈夫と判断する保護者もいれば、絶対ダメと判断する保護者もいるという様々な教育方針があるので、子どもだけで遊ぶ中ではトラブルになる事を保護者の頭においておいた方が良いかと思います。また、小学生が動画を投稿する側になっている現状には、厳しい社会の目が必要かと思います。これは、保護者の判断でという次元では無いです。場合によっては、該当の児童の学校などの関係各所や保護者自身の勤め先などにも影響をする事態にも発展する場合があります。その場合の責任の所在は、保護者一択になるのでそれでも良いという方だけオススメいたします。何よりも、保護者自身がしっかりとした理解をしていかなければならないと思います。PTA・学校・教育委員会とルールの相互理解を行って、子ども達に徹底指導をして行く事が大事になって行くと思います。これから冬休みに入り、こういったネット環境が近くなるので、使い方で良くも悪くもなってしまうという世界だという話をご家庭で話題にしてみてはいかがでしょうか。