講師が女子生徒をストーブで暴行傷害@兵庫県姫路市立飾磨西中学校

www.sankei.com

兵庫県姫路市立飾磨西中学校(同市飾磨区構)で、男性臨時講師(30)が中学2年の女子生徒の頭を小型ストーブで殴り、けがをさせたことが16日、分かった。女子生徒は左耳から出血し、病院に運ばれたが軽傷だという。
 市教委などによると、同日午前11時40分ごろ、同中学校の校舎内で、男性講師がカセットボンベ式のストーブ(高さ約20センチ)で女子生徒の頭部を殴った。男性講師は「元気がない様子だったので声をかけたが、ほっといてほしいなどと言われ、腹が立った」などと説明したという。男性講師は女子生徒の担任で、2人は清掃のため校舎内を移動中だった。学校側は体罰だったとして、保護者に謝罪した。山口偉一校長は「今後は再発防止に努め、体罰が起きない学校づくりを進めていきたい」としている。

ホーム - 姫路市立飾磨西中学校

姫路市|教育委員会のご案内

______________________________________

これは体罰ではなく、男性講師の一方的な暴行傷害事件であると思う。一般社会だったら、もしくは他の学校など違う環境だったら、この講師を警察に通報される内容であるのに、体罰という少しでも女子生徒にも非があるという言い方は問題ではないだろうか。一歩間違えば、死亡や障害が残る事態を引き起こす可能性の頭部にストーブで殴ってすみませんだけは、済まされていいのだろうか。この学校は、生徒の反応が気に入らなかったら、ストーブで頭部を殴る凶悪教育者とそれを体罰でしたと軽視する学校長がいるという劣悪な中学校だという事だと厳しい批判を受けた方が良い。またその学校の指導にあたる教育委員会は、現場に赴き厳しい指導をし出来る事なら該当の生徒及び保護者へも教育委員会からも直接の謝罪をした方が良い。他の自治体であったら処分をされる重大事案事故である。