読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相撲部顧問らが部員へ暴行常習化@福島県私立日大東北高

www.nikkei.com

福島県郡山市の私立日大東北高は18日、相撲部顧問の男性教員が部員の男子生徒をデッキブラシで殴り、けがを負わせるなどの暴行を繰り返していたと明らかにした。男子生徒は7月に転校した。学校側は同月、教員による暴行を把握したが、処分していなかった。記者会見した松井弘之校長は「前途ある教員なので、処分しなくていいと考えた」と釈明した

同校によると、教員は20代。部活の稽古後、入浴のため裸になった1年の男子生徒を木製のデッキブラシで殴り、けがをさせた。別の日には、同じ生徒の顔を平手打ちしたり、尻を蹴ったりした硬いゴム製のハンマーで頭をたたいたこともあり、その際、部員はけがをして病院に行ったことあった。また、相撲部コーチをしていた50代の男性非常勤職員は、のこぎりの刃を上向きに置き、同じ生徒にその上で腕立て伏せをさせたという。コーチは9月に自主退職した。生徒の保護者が転校前、暴行を受けたと学校に連絡。教員は学校の聞き取りに「生徒を強くしたいあまり、指導が行き過ぎた」と事実関係を認めた。

松井校長は会見で、転校について「(教員の暴行が)一因だったと思う」との認識を示した。一方、教員を18日から自宅待機にさせ、他の部員の被害を確認した上で処分を検討すると表明。「転校した生徒に謝りたい」と述べ「学校として指導力が不足し申し訳ありません。今回の問題について職員や生徒などに十分に説明して再発防止を徹底したい」と話しました。教員は今年4月、相撲部顧問に就任した。部員は現時点で3人。相撲部は創設以来、全国高校総体に15回出場している常連校。強豪校で角界にも多くのOBが入門しているということ。

■日本大学東北高等学校
〒963-1165 福島県郡山市田村町徳定字中河原1番地
TEL.024-956-8838~8842 /FAX.024-956-8873

______________________________________

社会からの厳しい批判を浴びるべき内容だと思う。私立学校とは言え、県教育委員会が動けるはずなので、調査指導に入って現状把握を行った方が良い。のこぎりの刃・デッキブラシ・硬いゴム製のハンマーなどの暴行の数々、これは、指導の行き過ぎではなく、大人が子どもへの虐待行為/暴行事件にあたる。警察の介入も当然の事件である。死亡者が出ていないのかが心配でならない。この学校の相撲部は、全国大会に出ている常連校との話だが、全くをもって自慢できる話ではない。例え、歴史ある部歴であっても当面は活動自粛するべき話ではないだろうか。相撲自体の印象悪にも繋がってしまう事件だと思う。また、学校自体も今回の事件発覚により、相当な評価ダウンにつながる事で在学中の生徒や保護者などからの批判を真摯に受け止めた方がよい。転校までもしなければならないほどの追い詰められた状況をこの学校は作ってしまった責任は大き過ぎる。この相撲部以外で何か起こっている事があるのなら、早急に訴え出る機会でもあると思う。

夢持って受験し入学してきたのに、とても残念な学校だった。受験を考える上でもこういった事実も考慮した上で考えて欲しいと思う。簡単に今まであった環境を変える事が出来ないのは、先の学芸大附属高校の事件や現状を見れば分かる話だと思う。腐敗した教育者を排除したら問題解決かというものではなく、そこからの学校意識改変をしなくてはならないのは容易な話ではない。