児童のクラス氏名の情報USBメモリーを紛失@神奈川県平塚市

www.townnews.co.jp

港小学校(夕陽ヶ丘)で5日、同校の全児童729人分の氏名とクラスが記録されたUSBメモリーが紛失した。市教育委員会が8日、発表した。

USBメモリーは、パソコンに保存された文書や画像を取り込み、持ち運べる記録媒体。同校では蔵書の貸し出し状況を図書室のパソコンで管理し、それらの情報を別途保存していた。5日、同校職員が紛失に気づき事態が発覚。すぐに校内を探したが見つからなかった。市の解析によればUSBメモリーが最後に使われたのは今年3月28日以降、使用された形跡のないまま、所在不明となった。市は7日に警察へ届け出。8日には全児童に説明と謝罪をし、翌9日に保護者説明会を開いた。

市教育総務課は「大変申し訳ないこと。個人情報に関する文書等の紛失を防ぐため管理を厳重にする」とコメント。図書室の情報を民間のサーバに一括保存するなど情報漏えいのリスク改善に取り組むとした。平塚市では、2014年5月に大住中学校の修学旅行中、生徒名簿が記載された冊子を担任教諭が紛失。さらに今年8月には、みずほ小学校で児童が工作した作品の写真データを保存したSDカードが紛失。市は個人情報の流出にはあたらないと判断し公表していなかった。

教育委員会 | 神奈川県 平塚市

_____________________________________

何か起こらないと、改善に取り組まないのか反省しないのかと呆れてしまう。保護者や児童に説明をしても、今更な話で、今どこにありどう使われているかは、行方不明のUSBメモリーのみぞ知るという現実。文末にあるように、この平塚市自体が個人情報の管理意識が低いままであることから、毎度の謝罪も同じ発言でマニュアル化しているので、何の改善につなげていない事が繰り返される事態にハッキリと物語っていると思う。保護者からしたら大切な子どもの名前が入ったものが、簡単に紛失されてしまう事態には厳しい批判を行うべきであると思う。