(番外編)中学から働けと世間知らず炎上議員@上西小百合衆院議員

 

www.nikkansports.com

“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(33)が、文部科学省が給付を決めた低所得世帯の大学生などを対象にした返済の必要がない給付型奨学金について否定的な意見をツイッターでつぶやき炎上している。上西氏は昨晩、

「私は給付型奨学金については大反対です。幸せの前提がお金持ちだと言うのもどうかと思いますが、仮にそうだとしても大学行けばなんとかなるなんて甘い。稼ぐなら中学から働いたって稼げます。本当に勉強したいなら社会に出てからだってできます。親の見栄で無理やり学校に行かされる事がないように」とツイート。

関係者によると、問題提起の意味を含めてのつぶやきだったが、これがネットの不興を買って炎上。「あなた、中学から、働いたことあります? そうじゃなかったら、簡単に、言わない方が、良いですよ」「純粋に学びたい学生を考えていない話」「政治家の資質はありません。今すぐ議員辞職した方が国の為だと思います」などと、20日14時現在で5000以上のリツイートがされている。
 また、「あなたは中卒あるいは高卒でお金を稼いでそのお金で私立大学へ行ったのですか?」と質問され、それに対し

「違います。家が裕福でしたから大学まで行きました。それどころか3000万以上の貯金もあったので、そこから選挙資金を出せたので、今現職の国会議員です」

との返信が、火に油を注ぐことになった。上西氏は、これまでも過激なツイートで、たびたび炎上しているが、関係者によると最大級の炎上だという。

うえにし小百合 オフィシャルウェブサイト

上西(うえにし)小百合 (@uenishi_sayuri) | Twitter

上西小百合 - Wikipedia

______________________________________

国会の炎上クイーン。どこの写真を見ても加工画像の嘘くさい御姿ですが、支援者の方がいらっしゃるので国会議員の椅子に鎮座されているわけですが、国民に挑発的な発言を行う事が、国民の幸せの為の政治に繋がるのならいくらでもやって下さいと思うが、過激発言や炎上商法で自己(事故)アピールされましても、国民は不快なだけであり、そんな不愉快にさせられる議員の為に税金を納めている訳ではないので、ただ楽に私腹を肥やしたいだけであるなら黙々と支援者の方々と会談なり面談なりをしていれば良いと思う。

また、中学からでも働けるというのは、何の根拠があっての発言なのかが全く分からない。働き口が中学からでもあるのなら、中学生でも働いてお金を稼ぎたいと思う子どもは沢山いますが現状出来ませんが、国民の知らぬ内に法律改正されたのでしょうか。たまたま、自分の生まれた家族が裕福というだけだったから大学まで進学をさせて貰っただけだけにしか過ぎないのに、自分の保護者が裕福ではなかった場合は考えた事がない残念な方だという事ではないでしょうか。こんなにもかわいそうな生き方に、かわいそうな人だと慰めてあげたらどうでしょうか。現実を伝え抗議しても、この方には様々な現実が、日本にあるという事をご理解出来ないかわいそうなちっぽけな社会しか知らないのを分かってあげ無視をする方が日本の為・本人の為になります。炎上するほどのコメントをする時間を是非、不祥事を起こしまくる、文科省なり教育委員会なり学校なりを攻撃してあげて、子どもの為になる学校環境を指摘してあげて下さい。

不祥事が起きている最中でも、ニュースになった・なっていない関わらずに、その自治体の市長や教育委員会・学校職員たちは、忘年会に明け暮れ酒に酔い私腹を肥やしているのです。