プログラミング講師は校長先生が@埼玉県戸田市立小学校

resemom.jp

 埼玉県戸田市立美谷本小学校は12月15日、プログラミング教材「Bee-Bot(ビーボット)」を利用したプログラミング授業を実施する。企画提案はCeeジャパン。講師は同校の校長自らが務める。実施対象は小学2年生。文部科学省が現在検討を進めている、2020年から小学校での「プログラミング教育の必修化」。戸田市はコーディング重視ではなく「プログラミング的思考」を育む小中一貫カリキュラムを検討しており、導入段階にある小学2年生を対象にしたプログラミング教育授業を実施することに決定した。授業の講師は、戸田市立美谷本小学校校長の江添信城氏。プログラミング教材「Bee-Bot(ビーボット)」を用いて、児童らがプログラミングに挑戦する。実施日は12月15日。実施時間には午前9時30分から11時30分まで、全3校時分を充てる予定。

美谷本小学校 - 戸田市教育委員会ホームページ

戸田市教育委員会ホームページ

文部科学省ホームページ

____________________________________________________________________

小学校教育の改革時代に突入し、英語教育・プログラミング教育と様々なものを取り入れて行くのはいいことだとは思うが、そこに学校現場職員や保護者などの理解度が追い付くか否かではないだろうか。またこうした授業を取り入れる事により、子どもの格差が今以上に激しくなってしまう不安や各自治体などの学校教育への力の入れ方次第でも、差が出てきてしまうのではないかと思う。今だって、同じ街の中であるのにも関わらずに、学校長ひとりの手腕により授業や行事などの内容の差が激しくなっている状況が出てきてしまっているのに対し、学区という線引きで現状を受け入れるしかない状態を悔やんでいる児童や生徒、そして保護者は沢山いる。こういった現状に対し特に教育委員会も全校同等にしようという基準を設ける訳ではないので、同じ街に住んでいる同じ学年でも学校によって、こんなにも違うのかと情報を知りえている子どもや保護者には不満につながっている。一方、何も知らぬままの家庭もあるが、恐らく情報次第では同じ様にして欲しいと願う方もいると思う。あれがいいこれもいいと子どもの将来の為の教育だといろいろ取り込むの事で一番負担を背負わなければならないのは、現場教師である。ただただ、通達通知通りにはいはいと諦め返事では、今以上に仕事環境の悪化は免れなくなってしまう事をしっかりと考えなければならない。場合によっては、署名運動などを行い声を上げて行かないと、究極のブラック企業化となってしまう事を危惧しなければならない。