読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴行いじめで重体で市・同級生に1億円超賠償判決@埼玉県川越市

 

www.asahi.com

埼玉県川越市で2012年、当時市立中学2年生の男子生徒が同級生にいじめられ、暴行を受けて意識不明の重体になったとして、生徒と保護者が、同級生3人とそれぞれの保護者、市を相手取り、介護費用など計約3億9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、さいたま地裁川越支部で言い渡された。野口忠彦裁判長は市の安全配慮義務違反も認め、同級生と保護者、市で連帯して総額約1億4873万円を生徒と保護者に支払うよう命じた。
 訴状などによると、生徒は12年1月5日、市内の公園で3人に殴られたり蹴られたりして意識不明の重体になった。原告側は訴状で、生徒は入学直後から3人に日常的にいじめを受けていたと指摘。学校はいじめを把握していたのに、その場限りの指導だけで放置し、生徒への安全配慮義務を怠った、と主張していた。
 裁判で市側は「いじめと認識していなかった」と反論していた。同級生3人は傷害容疑で逮捕され、少年院に送致された。
 原告側によると、生徒は今も意識が戻らず、胃ろうなど生命維持措置が必要で、目を開け寝たきりのまま、意思表示ができない状態。小さな頃に聴かせた音楽を耳元で流すと、目に涙を浮かべるなどの反応があるという。

川越市公式ホームページ

______________________________________

何億積まれても、身体や心・時間など全て元の状態には戻らない。いじめを行って何かを得ようとしている訳ではなく、ただの自己顕示欲でしかない状態であり目の前にあるのは、ひとりの尊い人間であるという事だという思考が全くない。ただの自己顕示欲の塊でしかない。少年院で更生の日々であるかも知れないが、それが一生続く事は無く、いつかは社会に出て来て普通に生活を送れるのだ。我が子をいじめという暴力行為で、変わり果てた姿になってしまった悲痛な思いは、当事者にならなければ理解が出来ないと思うが、いじめは簡単に人の命を奪う事が出来る行為であるものだという事をしっかりと、子どもも大人もしっかりと受け止め理解をしていかなければならないと思う。個々で、私は大丈夫、我が子は大丈夫という気持ちになるだけではなく、じゃあ自分の周りの子は大丈夫かな?我が子の周辺には困っている子はいないかなと、少し他にも目を向けれる余裕が出来れば、防げる事もあるのではないでしょうか。子どもの事件程、防げる守れるものはないと思います。