読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめ撲滅を目指す協議会@東京学芸大学付属高等学校

news.tv-asahi.co.jp

ANNニュース:学芸大附属高の問題受け いじめ撲滅目指す協議会

東京学芸大学附属高校でいじめが発覚したことを受けて、全国の国立大学や付属学校の代表が集まり、いじめの撲滅を目指す協議会が開かれました。

 幼稚園から高校まで250以上ある国立大学の付属学校が、いじめについての協議会を開くのは初めてです。学芸大学附属高校のいじめでは、学校側から国への報告が遅れました。主催者は、それぞれの学校がいじめ防止法に基づく取り組みを再確認することで、信頼回復へのきっかけにしたいとしています。

______________________________________

いじめ撲滅を目指すではなく、撲滅宣言をして欲しいところだ。それくらいの志でいないと、教育環境の崩壊は止められないという現状になったと言う事であると、大人が意識し働きかけて行かなければならない問題である。勉強だけ出来れば、学校でいじめや暴力を働いくなど、他人を傷付ける事が悪いという感覚の教育が無いと、某有名大学の数々の不祥事を起こす人間になるという事ではないのだろうか。ただ単に同じ学校だったからと、真面目に取り組んで学校生活を送っていた子ども側からしても、不名誉な事態が自分の学校に起きてしまう事は望んでいないと思う。学校は、いじめ相談を待つだけやアンケート結果を待つだけの受け身ののやり方に頼り過ぎているのを止めなければならないと思う。