女子生徒に時計を送り告白で減給処分@大阪府立高等学校

www.nikkansports.com

大阪府教育庁は22日、女子生徒に1万円相当の腕時計を贈り、「好きやからやで」と告白するなどの不適切な行為をしたとして、府立高の男性教諭(40)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした
 男性教諭は10月下旬、顧問を務める部活の女子生徒に対し、腕時計のプレゼントのほか、電話で「映画を見て、海を見ようか」などと誘った。生徒が同31日、学年主任に相談して発覚した。教諭は「生徒との距離感を間違えてしまった」と釈明している。
 また、教育庁は22日、いずれも生徒に体罰をしたとして、大阪府茨木市立中の男性教諭(36)を減給10分の1(3カ月)、同府枚方市立中の男性教諭(55)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

大阪府/大阪府教育委員会

 

______________________________________

何を勘違いしているのか、本当に40歳の恋だったのだろうか。どうであれ、女児児童に不快な思いをさせてしまった事には変わりない上、他の生徒が知ったら、特別扱いだのと騒ぎになったり場合によっては中傷被害にも繋がる危険性があったと考える事が出来る。いくらアルバイトが出来る年齢の高校生でも、一万円相当の時計は高価な物になる事を何もわかっていない。何から何まで、身勝手な行為でしかないと思う。

また、減給処分だけで、学校で仕事をし続ける事には変わりない事に恥ずかしさも何もないのだろうか。それを、職場の同僚たちは受け入れる事もとても親切であるなと思った。教育者である以上、自分の気持ちを何事にも最優先に考える事が、子どもの為になる事は絶対にないという、今更な分かっているはずの事をもう一度しっかりと理解して欲しいと思う。