読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生徒をデブと連呼し顔面流血の暴行、処分の行方は?@神奈川県横須賀市立中学校

神奈川県

www.huffingtonpost.jp

神奈川県横須賀市の市立中学校で9月、技術科の20代の男性教諭が授業中に2年生の男子生徒(14)を殴り、「デブ」と暴言を浴びせていたことが学校などへの取材でわかった。市教育委員会体罰として県教委に報告し、有識者らでつくる専門委員会が調査している。
 学校によると、男性教諭は9月15日午前、技術科の授業の際、男子生徒がパソコンに書いた文字を指示通りに消さなかったため口論となり、生徒に向かって「うるせー、デブ」と連呼。その後もみ合いとなり、生徒の頭を机に押さえつけたり、拳で顔を2回殴ったりしたという。学校が居合わせた生徒から聞き取ったところ、「教諭が生徒の上半身を机の上に仰向けに押さえつけ、腹を3回、顔を2~3回殴った」という証言もあった。生徒の両親によると、生徒は鼻血を出し、前頭部を打撲。生徒は以前にも教諭ともみ合いになるトラブルがあったという。両親は「体罰は許せない。頭を打撲しているのにすぐに病院に連れて行かず、保護者への連絡もなかった」と話す。
 学校は生徒と保護者に謝罪。校長は「体罰はあってはならないこと。不適切な言動があり、教諭本人には指導した」と話す。教諭は学校の聞き取りに「髪の毛をつかまれるなどし、身の危険を感じたので殴った」と説明したという。

神奈川県教育委員会ホームページ かながわの教育 - 神奈川県ホームページ

横須賀市教育委員会|横須賀市

______________________________________

一言目には、また神奈川県という悪質教育県は何を考えているのだろうか?原発避難者ではないが、あまりにも防げる不祥事が多すぎるのではないだろうか。こんな教育者ばかり集めて何を神奈川県は子ども達に教えたいのだろうかと不安を感じてしまう。

身の危険を感じたら殴る。しかも、鼻血を出すほどで頭を打撲というのは、危険回避という説明で納得が出来る訳がないと思う。むしろ身の危険を感じたのは、生徒の方ではないだろうか。ましてや、教育者という大人の対応が子どもへ暴力となるのは、ただの言いがかりでしかない。指導に従わなかったら、「うるせー、デブ」と暴言で応戦した事は、教育者として正しい指導方法であるのであれば、体罰は教師に許されているという事になる。他の生徒が居る前で、こういった暴言暴行を働いたことで、生徒たちに恐怖を植え付けたのは事実ではないだろうか。何も言わなくても、生徒と教師との信用信頼に歪を作ったと思う。学校側の言い分は、あくまでも言い分でしかなく、本来の別の指導方法を行使しなかった事や、頭部・顔面を負傷しているにも関わらず、保護者への連絡等がなかったという対応は、完全に間違った学校の対応、職務放棄行為である。

これが原因で、不登校になった場合の責任は、新潟市の「菌」発言事件同様で、教職員・教育委員会の責任は大変な事になる事を頭に入れ、対応を考えるべきである。昨今、教育者の暴言についても処分を推奨されている事を知らないというのは、浅はかな意識でしかないので、厳しい声を上げて行くべきである。言葉の暴力について、今まで処分対象外になっていた事を未だに適用されるという過信は忘れた方が良い。この該当教諭は、暴言暴行の両方を行った責任は大きいと判断するべきである。