読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャッター事故を起こした教諭ら、書類送検@神奈川県横浜市磯子区の山王台小学校

神奈川県

www3.nhk.or.jp

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170201/3541321.html

おととし横浜市の小学校で、避難訓練のあと教室に戻ろうとした女子児童が、煙を防ぐためのシャッターに挟まれて大けがをした事故で、警察は、すでに上がっていたシャッターを誤ってさらに上げる操作をしてしまい落下させたなどとして、当時の担任教諭と副校長を業務上過失傷害の疑いで書類送検しました。
おととし12月、横浜市磯子区の山王台小学校で、避難訓練を終えて教室に戻ろうとしていた当時、小学6年生の女子児童が、1階の廊下にある煙を防ぐためのシャッターに挟まれ、大けが(肋骨を2カ所を骨折するなど重傷)をしました。
警察が事故の原因や安全管理について捜査を進めたところ、39歳の当時の担任教諭が、子どもたちが通りやすいように閉まったシャッターを上げようとして、誤ってすでに上がっていた別のシャッターのハンドルを操作してしまい、ワイヤーが切断してシャッターが落下したことがわかりました。
またこの学校では、訓練の際、シャッターの開け閉めは児童がいないところで行うようルールで決められていましたが、守られていなかったということです。
このため警察は、39歳の当時の担任教諭と、安全管理の責任者だった59歳の当時の副校長を、業務上過失傷害の疑いで書類送検しました。
事故があった小学校を管轄する横浜市教育委員会南部学校教育事務所は「当時の教諭らが書類送検されたことは重く受け止め、学校の安全管理について、一層、徹底して参ります」とコメントしています。

横浜市教育委員会 各学校教育事務所のご案内

 

横浜市 - 市役所トップページ(総合案内)

 

 

**************************************

神奈川県横浜市は、以前から教育環境が杜撰というのか何というのか適当な意識であり、個々で勝手に動く教育者が学校にいるという事に関心がないのだと言う事なのであると思う。

先生が決められたルールを守らないで、子どもがルールを守る事が出来るのであろうか?教育者というのは、人間としての見本的なものでもあるのではないのだろうか?それが、出来ないからこういった子どもが被害を被るような事件が起きてしまったり、今話題の原発避難者いじめという、解決どこか放置をし年月が経ってしまっているという凶悪な事件を起こすような事に繋がっているのではないだろうか?

成長期の大事な時期に、ろっ骨を折るという大けがは命に別条が無いとしても、後々に何かある事もあるのではないかと、保護者の方は心配であると思う。納得の出来る、謝罪などを受け取っていればいいがと思う。また、担任と副校長が書類送検という事であるが、校長が免れるのはおかしすぎる話だと思う人も多いのではないだろうか。

「また横浜市。」事件内容を見る前に、そういう言葉が出てしまうような事件事故の全国的に有名な常連街の学校に通学している子ども達の安全安心は、この横浜市民はどうやったら保証されるのであろうか。だらだらと、会見や会議で何か変わったのだろうか。他の自治体では、県外の事件を受けて緊急会議などを行い大きく動き、防止に全力を注いでいるのに、何をこの横浜市は、だらだらとやっているのだろうかと不思議でしょうがない。確かに、事件事故に対し調査やそれを受けた会議等は必須であるが、大事なのは、それと同時に防止や反省という行動も行わなければ、現場指導にはつながらない。個々個々でしかない連携であれば、横浜市に住む子ども達にとってのより良い学校環境を作り守る事が出来ないと思う。

これ以上ない、行政の機能不全というだらしがない状況に、市長が筆頭となり動き改変をしていかなければ横浜市という名前に傷がつくばかりになって行く事を食い止めれるような市長であって欲しいと市民は思っていると思う。不祥事を起こすために、市民は市税を取られている訳ではない。賭けマージャン市長の事件例の様に、大きく市民が抗議を起こすのも必要なのではないかと思う。また、市長だけではなく、市議に対しても何をやっているのかと責めるべきではないかと思う。市民の関心度や温度差で、街がどうなっていくかも決まって行くのである。