読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもがいた校庭で暴走自動車@東京都多摩市立貝取小学校

 

www.sanspo.com

http://www.sanspo.com/geino/news/20170203/acc17020320500002-n1.html

3日午前11時5分ごろ、東京都多摩市貝取3丁目の市立貝取小で、軽ワゴン車が校門の門扉を倒すなどした上、校庭を暴走した。警視庁多摩中央署によると、校庭では当時、約50人の児童が授業を受けていたが、逃げたためけが人はなかった。


 軽ワゴン車は、貝取小に荷物を配達に来た70代の男性が運転していたが、校門を開けるために停車して降りた直後に無人のまま動きだした。多摩中央署はシフトレバーがドライブに入ったままだったとみて、男性から経緯を聴いている。
 男性は車を止めようと運転席に乗り込んだが、誤ってアクセルを踏み込んだとみられ、車は逆に加速。男性はその際に振り落とされ、肩などに軽いけがをした。車は約100メートル走ってポールにぶつかり停車した。
 同署によると、男性は「なぜ暴走したのかよく分からない」と話している。

多摩市立貝取小学校

*****************************************************************************************************

子どもの危険が回避できたから良かったと安堵を誰もがしたと思う。またこの場に居合わせた教員の判断と子どもたちへの声掛けがうまく行った結果である。危険回避がもしかしたら出来なく、子どもへの被害もあったとも考えられる怖さがあるので、ニュースを読み驚いてしまった。

ここ近年の話題の中で、高齢ドライバーの事故がニュースでよく取り上げられているが、これもひとつの高齢ドライバー特有の「分からない」という言葉が出てきているのが、事故の混乱からなのか高齢特有の物なのかは、捜査を行わないと分からないが、学校という多くの子ども達がいる中での事故は、初ではないかと思う。自分なりにはしっかりと操作をしていたのかも知れないが、車を停車させるだけの操作にはなっていなかったのかなと推測してしまったが、ご本人は、相当なショックを受けている事には違いないと思うが、70代という年齢は、どうしてもそうなってしまうのかという目で見てしまうのは、仕方ないのだろうか。社会的に、高齢者が車を必要としている環境が沢山ある以上、高齢ドライバーばかりに非難を向けるのも少しばかりおかしいのかなと思う。

東京都の多摩市と言えば、サンリオピューロランドがありキティーちゃんで有名な場所ではあるが、一歩離れてしまえば、勾配のある地形により多摩市全体が賑やかな同じ雰囲気を持つ地域ではないとみる事が出来ると思うが、大型マンションが年々増加をしていたりと、人口もそこそこ増えて行く中でも公共交通機関に対し、本当に手厚いものなのかは、疑問の声があるようなのでしっかりとマンションを購入する若い世代だけに身をやるのではなく、昔から住んで街を支えてきた高齢の方々に対して目を向けていければいいのではないかと思う。