覚醒剤は教育者までも蝕んだ@大阪府枚方市立桜丘小学校

www.sankei.com

http://www.sankei.com/west/news/170306/wst1703060044-n1.html


 大阪府警天満署は6日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、同府枚方市立桜丘小講師、喜野遼(きの・はるか)容疑者(27)=大阪市北区=を逮捕した。「腕に覚醒剤を打った」と容疑を認めているという
 逮捕容疑は、2月下旬から今月6日までの間、覚醒剤を若干量使用したとしている。
 同署によると、6日午前0時35分ごろ、同市西天満の路上で、パトカーで警戒中の同署員がふらつきながら歩く喜野容疑者を発見。逃走しようとしたため、職務質問して同署で任意の尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たことから緊急逮捕した。
 枚方市教委などによると、喜野容疑者は平成25年、同市内の小学校の臨時講師として着任。昨年8月からは育児休暇中の教諭に代わり、桜丘小の常勤講師として3~6年の少人数クラスの算数を担当していた。勤務態度に問題はなかったという。

桜丘小学校ホームページ - 枚方市ホームページ

枚方市教育委員会 - 枚方市ホームページ

https://www.city.hirakata.osaka.jp/uploaded/attachment/95099.pdf

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

本当に、本当に“簡単に”違法薬物が入手出来てしまうという現実があるのだと言う事である。それも一般人が入手出来てしまう現実である。また、極端な言い方であるが、子どもの教育現場従事者の人間であっても違法薬物を使う人がいるというのが、今の日本という事であり、不審な動きをしていても、我関せずと無関心でいれば、勤務態度に問題がなかったという言葉しか出ないのではないのだろうか?

時間が経ってしまえば、風化はするとおもうが、この学校の名前の中には、薬物事件を起こした学校であるという汚名は消える事は無いと思う。この三月の卒業時期に、こんな事件と混乱を起こされた中での卒業入学式は、学校関係者・教育委員会は大変な混乱に起これてしまうと思うが、しっかりと子ども保護者に対して説明と謝罪を行い、子どもの為の卒業式を納得の行く形を行って行って欲しいと思う。このままでは、最後にがっかりな事件を学校に起こされたという、嫌な思い出も強く残ってしまうのだけは無いように、学校全職員を上げ最後まで今年度をやり遂げて行って欲しいと思う

教育の一環の中で、子ども達に薬物に対しての学習がこの時代には行われているが、こういった事件があるとなれば、子ども達の学習前に教職員の薬物研修を行った上で、子ども達に学習を行う事が必要ではないかと思う。情けない現実ではあるが、子どもへの教育を複雑化するよりも、現場教員への時代に合った教育を行った上で、様々な教育の在り方を実施するべきではないかと思う。教員だから、何もかもが常識的有識者ではないという現実に対応するべきではなきかと思う。