読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴力ダメ!とビールジョッキで殴る教頭@滋賀県教育委員会

www.sanspo.com

http://www.sanspo.com/geino/news/20170330/tro17033016350008-n1.html

体罰はだめ」が持論の教頭、知人をビールジョッキで殴る…きっかけは皮肉にも「体罰が必要か否か」
 滋賀県教育委員会は30日、知人男性を殴り、3カ月の重傷を負わせたとして傷害の疑いで書類送検され、学校にも報告しなかったとして、同県東近江市立小の教頭(50)を停職6カ月の懲戒処分にした。

教頭は同日付で依願退職した。教頭は「暴力はいけない」が持論だったという。
 県教委によると、昨年8月22日午前1時ごろ、同県彦根市のラーメン店で知人2人と飲酒している際、「体罰が必要か否か」で口論となり、30代の知人男性の顔をビールジョッキで殴り、打撲などのけがを負わせた。
 昨年10月、被害男性が彦根署に被害届を提出。今年1月、同署が書類送検した。

滋賀県教育委員会/滋賀県

 

****************************************************************************************************

 身をもって示した過去に残る実例としか言いようがない。

暴力にしても、お酒にしても、教頭という立場としても、どんな面から見ても、自制心が無かったのかと言いたい。何か虫の居所が悪かったのか状況は不明であるが、余りにも無責任な行動であったと言う事ではなかったのかとよく反省をして欲しいと思う。

本当に暴力で得るものは何もないという事だと言う事を、職業や立場など関係なく、全ての人が考えなくてはいけないと思うが、この問題の場合は、滋賀県教育委員会が再度のコンプライアンスなどの周知指導の徹底を通達などを通し、処分の発表のみではなく、教員の意識向上に繋げて欲しいと思う。29年度も一体何人がバカだな~と意識1つの違いで防げた事件を起こすのかと心配である。